キャリアウーマンの三十路女性が求める逆援助相手の理想像とは?

今、初婚の平均年齢はどんどん上がっているとされています。かつては30代で独身というと珍しい存在であり、親からお見合いを勧められたりしたものでした。しかし、今では女性であっても、三十路を過ぎての独身は珍しくないほどです。

さて、このように三十路を越えた女性は、結婚相手の条件にどんなことを求めているのでしょうか?34歳で大手企業でキャリアウーマンとして働いている谷口美紀さん(仮名)にお話を伺ってみました。

-結婚相手に求める条件として、最も大切にしていることは?

私は大学を卒業してから今まで、ずっと大手企業で働いてきて、今では部下がいます。毎日、あわただしく日々を過ごしていますが、仕事はすごく充実しています。

だから、なかなか出会いを見付ける暇がないというのが現実なんですね…。ある程度、会社で地位も得て、収入も得たんですけど、恋人だけは(笑)でも、やっぱり私としては仕事が最優先なので、結婚相手には仕事を理解してくれることを望みます。

-もし、結婚相手が結婚するなら仕事を辞めてほしいと言ったら?

もし、それを今、言われたんだとしたら、そのプロポーズは断るでしょうね。これから先、例えば40を超えたら考え方も変わってくるのかも知れませんが、今の段階ではやっぱり仕事は辞められません。結婚を取るか仕事を取るかとなれば、間違いなく仕事でしょうね。

-相手の収入は?

私はこうして仕事をしてるんで、あまり相手の収入には期待していないところもあるんです。男性の方の収入に頼って生活していくのが嫌なんです。

甘えるのが下手なんでしょうね。可愛げがないから、私はあまりもてないんですよ(笑)

-その他には?

やっぱり価値観が合うってことでしょうね。例えば、さっきも言いましたけど、私は仕事を理解してくれる男性が結婚相手に求める最大の条件なんですね。だから、それを理解してくれる人…それも価値観が合うということにつながると思います。

もちろん仕事ばかりじゃなくて、日頃の生活の中でも、私の価値観を尊重してくれる人が良いなって思います。もちろん、私も相手の価値観を尊重したいと思いますし。フィフティフィフティの関係ってのが理想ですね。

逆援助相手に求めるもの・・・それは価値観。

今、初婚の平均年齢が上昇傾向にあります。三十路を越えても独身の女性はたくさんいらっしゃるのですが、彼女たちは三十路を越えたことで結婚する男性に求める条件に変化はあったのでしょうか?横浜に住むAさんは32歳で、今、彼氏がいらっしゃいます。
そんなAさんにお話をうかがいました。

-今の彼氏とはご結婚を考えていますか?

まだ付き合って1年で、相手は3つ年上なんですけど、最近は少しずつ結婚の話が出てくるようになりました。でも、まだプロポーズはされてませんけど…

-今の彼氏は、Aさんが思い描いていた理想の結婚相手ですか?

それを言われると、NOなのかも知れませんね。顔もタイプというワケでもないし、年収が高いわけでもないんです。

-では、Aさんにとって理想の結婚相手って?

今の彼氏と付き合うまでは、まったくの高望みでした。年収はせめて600万円以上って思ってたし、貯蓄も5000万円以上って決めてました。

実際、5年くらい前に、その条件にかなり近い方とお付き合いしたことがあるんですね。でも、私とは価値観が合わないっていうか…。ケンカばかりで疲れちゃって。私自身、年収ばかり気にしてたけど、実際のところ、私もそんなに裕福ではなかったから、お金持ちの生活に憧れてたところもあるんでしょうね。

その彼とは半年くらいで別れたんですけど、まったく未練なんてなかった。でも、私としてはその彼のおかげて、収入や貯蓄だけで男性を選んじゃいけないなということが分かったような気がします。

-なるほど。経験が自分自身の考えを変えたわけですね。

はい。三十路の女性の中には年収のことばかり気にしてる人がいるけど、それでは高望みしすぎかなって思います。お金がある人は、確かに生活には困らないかもしれないけど、浮気だってするかもしれないし。

子どもが生まれても、ある程度の生活が出来て、笑顔の絶えない家庭が出来ればって思います。そのためには、相手に求めすぎないことも大切だし、相手も私に求めすぎない人が良いかな。

今の彼氏は本当に居心地が良いんです。そりゃ最低限生活出来る収入は必要だけど、足りないなら私も働けば良いんだし。価値観が合う、笑いのポイントが同じ…こういったことが大切だと思います。結婚するなら、ずっと一緒に生活するわけですからね。